Wildz Casino
4.5
¥ 2,000 入金不要ボーナス
200回 フリースピン
Sweet Bonanza, Money Train 2, Eastern Emeralds, Razor Shark, Gonzo’s Quest Megaways, Midas Golden Touch, Deadwood, John Hunter and the Tomb of the Scarab Queenのプレイに使えます
最大¥ 50,000のボーナス
このボーナスは 100% 、最大 ¥ 50,000まで
ボーナスコードをお使い下さい deposit
Astropay Ecopayz JCB MasterCard Venuspoint Visa Visa Electron
Wildz Casinoの特徴
  • 入金不要ボーナスは2,000円、登録するだけでもらえる!
  • ウェルカムボーナスは入金額に対して50,000円まで100%マッチボーナス!
  • 1,500円の入金で8種のスロット、合計200フリースピンがもらえる!
  • 独自開発のスロット「Levelz」で好きなゲームのフリースピンが獲得できる!
レビューのまとめ
2019年に設立された新興カジノWildz Casino(ワイルズカジノ)。入金不要ボーナス2,000円のほか、1,500円の入金で8種の人気スロットが日替わりで遊べる200回のフリースピンも獲得できます。さらに、好きなフリースピンが貰えるオリジナルスロット「Levelz」が回せたり、スピンバック機能、ボーナスマネーが貰えるリロードボーナス、近年流行りのキャッシュバックチップなど、例を挙げると枚挙に暇がありません。日本語サポートにも対応し、もはや死角なしの新世代人気カジノです!
Wildz Casinoのボーナス詳細
登録時
入金不要ボーナス ¥ 2,000 をもらう
第1入金 ¥ 50,000
¥ 50,000 のボーナスをもらう
200回のフリースピンをゲット (最低入金額 : ¥ 1,000)
このボーナスは 100% 、最大 ¥ 50,000まで + Sweet Bonanza, Money Train 2, Eastern Emeralds, Razor Shark, Gonzo’s Quest Megaways, Midas Golden Touch, Deadwood, John Hunter and the Tomb of the Scarab Queen 200回のフリースピン
ボーナスコードをお使い下さい : DEPOSIT
Wildz Casinoの支払い方法
  • Astropay Astropay
  • Ecopayz Ecopayz
  • JCB JCB
  • MasterCard MasterCard
  • Venuspoint Venuspoint
  • Visa Visa
  • Visa Electron Visa Electron
Wildz Casinoのゲームプロバイダー
  • ELK Studios ELK Studios
  • Evolution Gaming Evolution Gaming
  • Gamomat Gamomat
  • Microgaming Microgaming
  • Oryx Oryx
  • Play n go Play n go
  • Quickspin Quickspin
  • Red Tiger Red Tiger
  • StakeLogic StakeLogic
  • Thunderkick Thunderkick
  • Yggdrasil Yggdrasil

ワイルズカジノ(Wildz Casino)は入金不要ボーナス・入金ボーナスともに充実!

ワイルズカジノでは、新規登録者に「入金不要ボーナス」と「入金ボーナス」が用意されています。入金不要ボーナスは2,000円、入金ボーナスは50,000円と200回フリースピンです。以下に詳細を解説していきます!

ワイルズカジノの入金不要ボーナス

ワイルズカジノの入金不要ボーナス

入金不要ボーナスは2,000円!

2020年11月1日から、ワイルズカジノに初めて登録される方限定で、入金不要ボーナス2,000円がもらえるようになりました!入金不要ボーナスについて、諸条件をまとめました。以下の表をご覧ください。

入金不要ボーナスの種類 ボーナスマネー
ボーナスの内容 2,000円
賭け条件 35倍
賭け条件消化期限 60日
ベット金額上限 500円
賭け条件消化率 スロット100%(除外スロットあり)、テーブルゲーム・ライブゲーム 50%
引き出し上限額 規定なし

賭け条件は35倍と一般的なゾーン。テーブルゲーム・ライブゲームでの消化率が50%なので、スロット以外での使用もおすすめできます。さらに、引き出し上限がないのは高ポイントでしょう。ミスティーノカジノは賭け条件が1倍(フリースピンについては賭け条件なし!)という破格の設定ですが、引き出し上限額は10,000円です。この辺りは、一長一短といったところですね。

入金ボーナスは入金額に対して100%、最大50,000円まで

好評だった入金ボーナスの条件も変わりません。初回入金のみ、入金額に対して100%マッチボーナスの最大50,000円がもらえます。こちらも賭け条件は35倍、最低入金額は1,500円です。ワイルズカジノの入金ボーナスの詳細は、以下の通りです。

入金ボーナスの種類 ボーナスマネー
マッチボーナス(反映率) 100%
ベット金額上限 500円
最低入金額 1,500円
最高入金額 50,000円
賭け条件 35倍
賭け条件消化期限 60日
賭け条件消化率 スロット100%(除外スロットあり)、テーブルゲーム・ライブゲーム 50%
引き出し上限額 規定なし

入金ボーナスに関しては、最高入金額・賭け条件ともに平均よりやや優れている程度です。しかし、引き出し上限額が「規定なし」というのが良いですね。ちなみに、入金ボーナスの諸条件がめんどくさいと感じる方は、複雑な条件を排してキャッシュバックに特化したカジノシークレットを利用するのがおすすめです。

1,500円以上の入金で、200回のフリースピンも獲得

さらに、初回の入金で1,500円以上入金すると、Razor SharkやGonzo’s Quest Megawaysなど、人気スロット8種のスピンが各25回、合計200フリースピンももらえます。

ワイルズカジノ(Wildz Casino)でもらえるその他のボーナス

ここでしか回せない、オリジナルスロット「Levelz」

Levelz

ワイルズカジノでは、プレイヤーのレベルが上がるごとにLevelzの無料スピンが獲得できます。Levelzとはワイルズカジノが独自に開発したシングルリールスロットゲームで、当たりが出るとく好きなゲームのフリースピンが最大で40回ぶんもらえます。

ちなみにこのLevelz、ベット額を増やせば増やすほど当たりを引きやすくなる仕様なので、挑戦する際は最大値で回すのがよいと思われます。

リロードボーナス(再入金ボーナス)

ワイルズカジノのプレイヤーの心強い味方、それがこの再入金ボーナスです。ウェルカムボーナスだけでなく、既存のユーザーもこのボーナスを使用することで、入金額に対するボーナスマネーをもらうことができます。複数の再入金ボーナスが利用可能な場合でも、入金ごとに1つのボーナスしか選択できないので注意しましょう。

入金してフリースピンをゲット

さらに、ワイルズカジノは€10以上の入金でフリースピンが獲得できるキャンペーンを不定期で開催しています。獲得できるスピン数は、固定ではなく入金額に応じて変動することがほとんど。好みのスロットが対象となった際は、最大スピン数が獲得できる額を入金するとよいでしょう。

キャッシュバックチップ

ワイルズカジノは、他のオンラインカジノでも主流となりつつあるキャッシュバックを実装しています。キャッシュバックチップの有効期間中、通常10%の損失に対してキャッシュバックが受け取れるというものです。

Spinback

Spinback

最後に、ワイルズカジノを語るうえで外せないのが、独自仕様であるSpinback(スピンバック)です。ゲームで負けた際、セカンドチャンスとしてフリースピンを獲得できるというボーナスで、キャッシュバックとの違いはマネーではなくスピンで還元してくれること。獲得の手順を、以下に簡単にまとめました。

  1. いずれかのスロットで、5回連続で負けると、1Spinbackスピンを獲得。
  2. Spinbackスピンを5つ貯める。
  3. Temple Tumbleでフリースピンが1回プレイできる。

ちなみに、Spinbackカウンターは進行状況を記憶しています。 途中でスロットを終了したり、完全にログオフしても、経過がリセットされることはありません。

すごいのはボーナスだけじゃない!ワイルズカジノの基本情報

2019年設立のWildz Casino(ワイルズカジノ)は、現代的なデザインとモバイルでもサクサク動く軽快さ、さらに豊富なボーナスがウリのオンラインカジノサイトです。2020年からは日本語サポートも登場し、万人におすすめできるオンラインカジノになりました。リロードボーナス(再入金ボーナス)と呼ばれる既存プレーヤー向けの入金ボーナスから、フリースピンがもらえるオリジナルスロット「Levelz」、キャッシュバックなど、オンラインカジノ業界に存在するボーナスが全て網羅されているのではないかと思うほど。

オンラインカジノのボーナスについて、基本的なことをまとめて知りたい方は、オンラインカジノのボーナスの種類をまとめたページもご覧くださいね。

Wildz Casino (ワイルズカジノ) の入金・出金手段

Wildzカジノ 入金、出金手段

クレジットカードは入金のみとなります。eウォレットの選択肢はというと、オーソドックスな印象を受けます。

入金と出金の方法

  • VISA(入金のみ)
  • Mastercard(入金のみ)
  • ecoPayz(入金と出金)
  • Venus Point(入金と出金)
  • Astropay(入金と出金)

今後 iWalletをはじめ決済方法は追加する予定があるとのこと。追加されれば利便性はさらに増すので、続報を楽しみに待ちましょう。

ワイルズカジノで遊べるゲーム

MicrogamingやPlay’n Goといった実績抜群のプロバイダーから、ELK StudiosやRed Tigerなど人気のプロバイダーまで取り扱っているため、好きなスロットがきっと見つかるはずです。

ちなみに、同じ運営会社のRootzには、CAXINOというオンラインカジノサイトも存在します。ゲームのラインナップはほとんど変わりません。

Wildzカジノ ゲームの種類

かわいらしいアイコンでジャンル別にきちんと分けられていて、見やすくなっていますね。

スロット

Wildz Casino(ワイルズカジノ)には、クラシックスロット、ビデオスロット、プログレッシブジャックポット搭載スロットと各種タイプのスロットが網羅されています。

お馴染みのGonzo’s QuestStarburstMoon Princess、Bonanza、Extra Chilliなどはもちろん揃っています。

もっと最近のリリースで人気作品なら、ReactoonzJammin’ JarsPiggy Riches MEGAWAYSなどもお試しください。

BigTimeGamingのBonanzaやジャックポットスロットのMega Moolah, Mega Fortune、Hall of Gods、Wolf Gold9 Masks of Fireは一推しゲーム。

大勝負を繰り広げるスロット選びに迷った際はぜひこれらから選ぶとよいでしょう。

クラシックテーブルゲーム

Wildz Casinoではアメリカン、ヨーロピアン、ラピッド等あらゆるテーブルゲームが網羅されています。

ライブカジノ

Wildz ライブカジノ

Wildz Casinoではブラックジャックやルーレット、ポーカーといった定番の人気ライブゲームを取り扱っています。

なかでもカジノホールデムやカリビアンスタッド、レッドドッグは簡単でスピードが早く、初心者でも楽しめるライブゲームとしておすすめです

スマホでのプレイも問題なし!

ワイルズカジノをプレイする際は、アプリをダウンロードする必要はありません。ブラウザからサイトにアクセスしログインするだけでPC版と遜色ないカジノ体験を満喫できます。

なお、OSはiOS(iPhone)、Android双方、端末はスマートフォン、タブレット問わず対応しています。

まとめ:ワイルドカジノはワクワクが止まらない最新オンラインカジノ!

Wildz Casino(ワイルズカジノ)は独自仕様とボーナスを重視する方におすすめのm新興オンラインカジノサイトです。

日本語サポートにも対応し、2021年もしくは2022年にはスポーツベットの取り扱い開始する可能性があるなど、プレイ環境が日々改善しているオンラインカジノなので、今後の期待度は抜群です。伝統のあるカジノが、やや露出度の高い服を着た若い女性をキャラクターに使うことが多いのに対して、初老と思しき女性にスーパーマンのコスプレをさせているのも、これまでのオンラインカジノの「常識」を破壊してきている感じがします。

理屈はともかく、遊び心に溢れた仕様、お得なボーナスが満載なので、オンカジファンならぜひ登録してみてください。一緒に熱い勝負を満喫しましょう!

ワイルズカジノのよくある質問

☑️ ワイルズカジノに入金不要ボーナスはありますか?

BonusFinderでは、2000円の入金不要ボーナスをご用意しています。その他、200フリースピンや最大50、000円の入金ボーナスも通常通り使用できます。

☑️ ワイルズカジノは合法ですか?

はい。ワイルズカジノは2019年に設立されたばかりの新しいオンラインカジノですが、マルタ政府発行のライセンス(MGA)を取得し、合法に運営されています。

☑️ 日本語サポートはありますか?

2020年より、日本語でのサポートにも対応しました。

☑️ スポーツベットはできますか?

2020年時点では取り扱っていませんが、2021年もしくは2022年には取り扱いが始まる可能性があります。