オンラインカジノは違法?合法?摘発の可能性について解説

オンラインカジノをプレイする上で、気になるのは日本におけるオンラインカジノの合法性です。オンラインカジノに関する過去の判決例、司法をめぐる状況を解説しています。また、避けた方がいい遊び方やカジノ、安全なカジノでも気をつけた方が良いポイントなどをまとめています。

オンラインカジノの合法性

日本からインターネットのカジノで実際にお金を賭けてギャンブルするのは合法なのでしょうか。オンラインカジノに興味がある方なら、どうしても気になりますよね。BonusFinderは、日本においても正しくプレイをすればオンラインカジノは違法ではないという立場で、オンラインカジノをご紹介しています。そこで、このページでは、ネットカジノの合法性についてじっくり見ていきたいと思います。

オンラインカジノについての知識や、おすすめのカジノが知りたい方は、このページではなく日本のおすすめオンラインカジノ、または新しいカジノのページをご覧ください。

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノは違法?

まずはじめに、オンラインカジノ自体は違法ではありません。なぜなら、オンラインカジノのほとんどは各国の政府が発行する正規の運営ライセンスを所有し、オンラインギャンブルが合法とされている国で運営されているからです。オンラインカジノそのものの合法性について、異論を唱える人はいないでしょう。しかしながら、なかにはライセンスを持たず、運営されているカジノも存在しますので、そういったカジノは避けなければなりません。

BonusFinderでは、オンラインカジノのスペシャリストが集まって運営されており、正規のライセンスを持ち、なおかつ信頼できるオンラインカジノのみ、皆様にご紹介しています。BonusFinderの詳細については、BonusFinderとは、およびレビューの方法をご覧ください。

オンラインカジノの運営ライセンスとは

運営ライセンスを持っているオンラインカジノは合法といいますが、では、その運営ライセンスとはそもそも何なのしょう。

オンラインカジノの運営ライセンスは、世界中にいくつかあるライセンス発行国の該当機関がカジノを審査し、すべての基準を満たしていると取得することができる運営許可証です。審査の基準は国ごとに異なるため、ライセンスを所持しているから安心できるカジノとは一概には言えません。一般的に、下記の国のライセンスは取得基準が厳しいとされていますので、カジノを選ぶ時の判断基準になります。

  • マルタ共和国
  • キュラソー島
  • ジブラルタル
  • イギリス(UK)
  • マン島
  • カナワケ(カナダ)

オンラインカジノを日本からプレイするのは合法?

オンラインカジノ自体が合法でも、それをインターネットを使って日本でプレイすると違法になるのでしょうか。日本でのオンラインカジノの合法性を調べると、「グレーゾーン」という言葉が必ずといっていいほど登場します。グレーゾーンとは、要は白とも黒ともはっきりしていない、つまり合法とは言い切れないが違法とも言えない、という状態を指します。本来であれば、明確なルールを設置して、法律を整備することが必要なはずですが、現時点では議論が進んでいないようです。

このグレーゾーンが発生してしまっている理由は、日本の賭博罪が「賭博をする者と賭場を開く者両方が国内に存在する」という前提があるからです。インターネットの場合、海外サーバに日本からアクセスする場合の切り分けが、まだ明確ではありません。現状は「プレイヤー=日本、サーバー(賭博場)=海外」という認識があり、これにより賭博罪は成立しないという理屈になります。後述の不起訴もこの前提によるものです。しかしながら、合法とする法整備も整っていないので、グレーゾーンになるわけです。

日本国内のオンラインカジノはもちろん違法

当然ですが、オンラインカジノの運営元自体が日本にあると、通常の賭博(プレーヤーも賭博場も日本)と同じと判断されるため、違法となります。プレイヤーではなく運営者が逮捕された、ドリームカジノの例はこれにあたります(参照元:産経ニュース オンラインカジノ運営業者を逮捕 全国初…国内運営と判断

逮捕者が出たって本当?

本当です。日本でのオンラインカジノ関連のニュースといえば、日本のオンラインカジノプレイヤーが家宅捜査を受けたり、逮捕された2016年の事件(スマートライブカジノ)が記憶に新しいかと思います。逮捕の事実自体は大きく取り上げられましたが、その後のことに関しては、あまり大々的には触れられていません。

逮捕されたプレイヤー3名は略式起訴となり、うち2名は経済的にも精神的にも負担となる裁判を避けて略式起訴を受け入れ罰金を支払っています。残るひとりは、これを受け入れず裁判で戦うことを選択しました。そして、その結果、見事に不起訴となり無実を証明しています。注意して頂きたいのは、「逮捕=有罪」ではないことです。逮捕されたあと、警察が証拠を揃え検察庁に送り、そこで犯罪に相当すると判断されると裁判に進んで、判決が出て、初めて有罪となります。この件に関しては、「犯罪として立件できない」と判断されたため不起訴になりました。

つまり、「海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本からプレイすることは違法にはならない」ことが、判例として確かめられた、ということでもあります。これは、逮捕事件によって不安が広まっていたオンラインカジノ業界にとっては、たいへん嬉しいニュースでもありました。

現在は、日本語ディーラーで遊べるルーレットも2019年に再登場し、これらの事件のことを記憶しているプレイヤーの割合も減っているように感じます。

まとめ

オンラインカジノについては、明確に規定する法律が存在しないため、オンラインカジノを合法だと信じている人もいれば、違法だと信じている人もいる、というのが現状です。われわれはカジノのプロフェッショナルとして、安心・安全な優良カジノを皆さんにご紹介して、カジノから報酬を受け取るというビジネスモデルであるため、当然ながらオンラインカジノは合法であると理解しています。

前述のように、本来であれば、国がオンラインカジノに関するガイドラインを作ったり、正しく規制することによって、プレイヤーの安全や健康を促進する環境づくりを行なったり、税金を徴収したり、国内の産業を保護・成長させることができるはずです。実際に、スイスではオンラインカジノを国内の認定業者に限って解禁しており、外国業者を排除することによって、オンラインカジノを国内の産業として取り入れています。日本の古い法律や体制とは、真逆の方向に向かっていると言えます。

よって、日本でのオンラインカジノの合法性は、まだしばらくはグレーゾーンが続きそうです。IR実施法案(カジノ法案)ではオンラインカジノに関する規定は、現時点では盛り込まれていません。この法案の行方次第で、今後の日本でのオンラインカジノの在り方が合法化に向けて進んでいけば何よりです。

オンラインカジノと法律に関するよくある質問

☑️ 運営元が海外のカジノと国内のカジノ、違いはなんですか?
☑️ 海外で運営されているカジノのライセンスとはなんですか?
☑️ 国内で運営されているカジノを見極める方法はありますか?
☑️ カジノ法案(IR整備法)とはなんですか?
author
BonusFinder Japan 編集長

BonusFinderの編集長、伊藤めぐみです。アメリカの大学でコンピューターサイエンスの修士号とマーケティングの博士号を取得し、ヨーロッパのオンラインカジノでマーケティングを担当していました。2007年からカジノの業界で働いており、BonusFinderではオンラインカジノの専門家として、カジノのレビューやコンテンツの品質管理責任者を担当しています。

BonusFinderと伊藤めぐみは、以下のような賞やノミネーションを受けています。

  • EGR North America Awards 2020 - 年間ベスト・カジノアフィリエイト
  • EGR Operator Awards 2019 - 年間ベスト・カジノアフィリエイト
  • iGB Affiliate Awards 2019 - 最優秀新人賞

誤字の指摘や、レビューしてほしいカジノなど、なんでもお気軽にご連絡ください!
メールアドレス: [email protected]