換金できるオンカジ一覧☘️リアルマネーで遊べるオンラインカジノ!

リアルマネーで入金して、日本円で出金できるオンラインカジノをまとめて紹介❗️ 賭け条件1倍の入金不要ボーナス、最大20万円の入金ボーナスも⭐️ クレジットカードでの入金から、銀行口座に直接払い戻しができるオンラインカジノも紹介します。もちろん、カジノはあくまで趣味として、余剰資金で楽しみましょう!

¥ 3,240,010相当のボーナスが41 個見つかりました

換金がスムーズなオンラインカジノ

リアルマネーでプレイが可能で、なおかつ換金や出金がスムーズなオンラインカジノをまとめました。残高を日本円で表示してくれるのはもちろん、仮想通貨の取扱や、本人確認や出金スピードをとってもおすすめのカジノです。換金がスムーズなカジノは以下の通りです。

  1. レオベガスカジノ:日本円対応、入金不要ボーナスあり
  2. ミスティーノカジノ:入金不要FS、10ドルボーナスあり
  3. ボンズカジノ:日本円対応、最大20万円の入金ボーナス
  4. ビットカジノ:仮想通貨で本人確認不要、即出金可能
換金ができるオンラインカジノ

リアルマネー対応!出金を見越したベストカジノ

入金不要でリアルマネーを獲得できるボーナス

レオベガスの登録ボーナスに、入金不要フリースピンがあります。このボーナスは、賭け条件と呼ばれる「勝利金を引き出すための条件」が0倍となっているため、勝利を収めた場合、すぐに出金ができます!

また、ミスティーノカジノの登録ボーナスも、現金ボーナスは通常の入金時と同じ1倍のターンオーバー以外、賭け条件がありません。さらに、フリースピンに関してはレオベガスと同様、勝利金をすぐに換金することができます。

オンラインカジノの勝利金を換金するための手順

オンラインカジノをリアルマネーでプレイする際には、決まった手順が存在します。オンラインカジノをプレイする場合、通常は以下のような手順でお金を動かすことになるでしょう。

  1. 好きな決済方法で入金をする
  2. 入金金額と同額(ターンオーバー1倍)まで遊ぶ
  3. 入金時と同じ決済方法で出金申請を行う
  4. 出金が承認されるのを待つ
  5. 自分の口座に着金するのを確認する
パソコンで遊べるオンラインカジノ

オンラインでリアルマネーカジノをプレイ!

現金化で必ず発生する手数料

オンラインカジノの勝利金を出金し、現金にするためには、いくつかの段階で手数料が発生する可能性があります。まず、銀行送金で出金をする場合には、多くのカジノで1〜2%の手数料が発生します。エコペイズやiWalletなどの電子決済に対して換金を行った場合は、そこからさらに自身の国内口座などに送金をする必要があります。

大勝ちしたときも出金しやすい方法とは

クレジットカードで入金をした場合でも、その後に別の電子決済サービスをアクティベート(入金)することで、勝利金を引き出すことができます。為替レートの振れ幅が気にならないという方であれば、仮想通貨を使うのも一つの方法です。

銀行振込の場合、手持ちの国内口座に直接出金をすることができるという強みがありますが、あまりに多額の振込があった場合、銀行から説明を求められる可能性がゼロとは言えません。

勝利金の引き出しに必要な条件

オンラインカジノの注意点として、入金に必要な要件よりも、出金(払い戻し)に必要な要件のほうが多いということが挙げられます。そのため、出金を前提として楽しむ場合には、以下のような条件をクリアしてから入金することをおすすめします。

電子決済サービスまたは銀行口座

日本国内に居住する人が、オンラインカジノで出金を申請する場合、電子決済サービスまたは銀行口座が必要になります。電子決済サービスの代表格は、ecoPayzやiWalletといったブランドが挙げられます。日本国内の銀行口座でも出金が受け取れるオンラインカジノも増えていますが、対応していないオンラインカジノもまだ多く、地方銀行ではそもそも入金ができなかったり、出金の際に手数料がかかったりする場合があるため、やはり電子決済サービスがおすすめです。

本人確認書類

海外ではIDカードですが、日本では主に運転免許証、またはパスポートなどの写しが必要です。オンラインカジノにはじめに会員登録をした際と全く同じ情報で登録をする必要があります。

住所確認

「本人確認で十分じゃないか」と思われるかもしれませんが、オンラインカジノの業態上、住所確認も必要になります。諸外国のように、IDに住所が紐づいている場合はこのプロセスが不要だったり、PINコード等を郵送することで住所を確認するカジノも存在しますが、日本向けにサービスを展開しているカジノの多くは、住民票や公共料金の請求書などが必要になります。

仮想通貨であれば本人確認が不要なカジノ

円やドルといった法定通貨とは異なり、仮想通貨は法律上の要件が少ないため、名前とEメールの登録だけで入金や出金が可能になります。ビットカジノは、仮想通貨が使えるうえにボーナスが豊富なカジノとして人気があります。

勝利金を換金する際の注意点

オンラインカジノで勝利金がうまく出金できない、出金が拒否された理由が知りたいけれど、英語で何を言っているのかよくわからない、といった場合には、以下の点を確認してみてください。

入金金額と同等以上遊んでいないと出金できない

リアルマネーを用いている以上、マネーロンダリング等を防止するために当然のことではありますが、入金した金額を遊ばずに出金することはできません。例えば、100ドルを入金した場合、100ドル分をプレイしたあとであれば、いつでも任意のタイミングで出金ができるようになります。この場合、「ターンオーバー1倍」というように表現されます。

一部のカジノでは、100ドルを入金したあとは200ドルぶんを遊んでからでないと手数料が10%発生する、というようなルールを課している場合もあります。つまり、2倍のターンオーバーが必要というわけです。このようなカジノが一律で悪いというわけではなく、都度出金を行う必要がないユーザーからすると、このルールによってカジノの運営が安定し、他のメリットを享受することができたりします。スロッティベガスがこのような方法で運営されています。

ウォレットがドルやユーロの場合、為替レートの影響を受ける

プレイ時のウォレットを日本円で表示してくれないカジノの場合、為替のレートによって、特に円安のタイミングで出金を行うと、払い戻しが目減りする可能性があります。特に初めての出金申請の場合、出金を申請してから、実際に出金処理が完了するまでのタイミングが読めない場合があるので、注意しましょう。

クレジットカードへの返金オプションはない

クレジットカードを利用した入金は確かに便利なのですが、クレジットカードへの出金は不可能なため、出金を希望する場合は別の入金方法を用意する必要があります。

クレジットカードで入金してプレイしたお金を出金するには、出金にも使える別の決済方法(エコペイズなど)を用意して、まずはその決済方法で入金を行う必要があります。つまり、出金が可能な決済方法と言っても、いちども入金せずに出金だけ行うことはできません。可能な決済方法をアクティベートするためには、いちど入金をする必要があるのです。

クレジットカード

クレジットカードは支払い方法なので、返金以外でお金を受け取ることは原則できないのです

最初の現金化は時間がかかるので気長に待とう

オンラインカジノの出金は、オンラインカジノ側の裁量で時間がかかります。もちろん、あまりに長い時間がかかるとカジノ自体の評判が下がってしまうため、なるべく素早く出金処理を完了させようとしますが、特に登録後の最初の出金は、本人確認やプレイ履歴の確認など、オンラインカジノ側にとっても必要な処理が多いため、どうしても時間がかかる傾向にあります。

人気ナンバー1の決済方法は『エコペイズ』

日本でオンラインカジノ楽しむなら、押さえておきたいのが決済方法です。まず、オンラインカジノに使える決済には、以下のような方法が存在します。

  • クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB)
  • 電子決済サービス
  • 仮想通貨
  • 銀行振込
  • Vプリカ

まず、オンラインカジノを気軽に試してみたいユーザーにおすすめなのは、クレジットカードを利用することです。JCBは対応カジノが少ないですが、VISAとMastercardは多くのオンラインカジノが導入していて、すでに所有している方も多いでしょうから、スムーズに入金ができます。ただし、前述したように、原則としてクレジットカードへの返金オプションは存在しないため、換金を考えるのであれば、どのみち電子決済サービスの開設が必要になります。

電子決済サービスで最も人気があるのが、間違いなくecoPayzです。

ecoPayz(エコペイズ)の概要

ecoPayzは、ほぼすべてのカジノで使えるeウォレットです。クレジットカードで入金した場合の出金先としても定評があるほか、エコペイズのアカウント内で銀行振込、仮想通貨のオプションもあるため、連携がスムーズで便利です。日本語でのサポートもあるので安心して使えます。

オンラインカジノがドルでの入金を必要としていても、ecoPayzに日本円で入金し、ecoPayzからオンラインカジノにドルで入金をすることが可能なので、幅広いオンラインカジノに対応することができます。

銀行入金のメリットとデメリット

2021年前半、リアルマネーで入金できるカジノで、銀行入金(銀行送金)が可能なケースが増えてきました。近年、クレジットカードの所有率は80〜90%となっており、若年層を中心にクレジットカードを使わずQRコード決済やスマホ決済を利用する人が多いことから、クレジットカードを持たないユーザー層の利便性を高めるため、銀行入金を用意するカジノが増えてきていると言えそうです。

銀行入金のメリット

銀行入金のメリットは、なんといっても電子決済サービスの口座開設が不要な点が挙げられます。銀行側で送金に手数料がかかる場合もありますが、銀行によっては無料の場合もあります。

銀行入金のデメリット

例えばベラジョンカジノの場合、入金の際はベラジョンカジノが用意している10数行の銀行から選択する必要があり、地方銀行からは入金が難しい可能性があります。また、着金までに数分から1日ほど時間がかかる場合もあり、電子決済サービスに比べて時間がかかる可能性があります。

換金しやすい(ペイアウト率が高い)ゲーム

換金しやすい、つまりペイアウト率が高いゲームとしてよく名前が上がるのは、スロットゲームよりもライブゲームです。その中でも換金に結びつきやすいゲームを3つご紹介します。還元率は参考程度にご覧ください。

バカラ:還元率97%程度

バカラはブラックジャックと違い、勝敗が運で決まることから、初心者からハイローラーまでおすすめのゲームです。バカラは幅広いバリエーションがあるため一概には言えませんが、ゲームの設計上、還元率が97%と高めに設定されています。運が重要なゲームになるので、ライブゲームのロビーなどで直近の還元率を確認するようにしましょう。バカラの入金ボーナスもあわせてご覧ください!

ブラックジャック:還元率99%程度

ブラックジャックは、オンラインカジノのゲームのなかでも高い還元率を誇りますが、手札をどのように扱うかといったテクニックが必要になるゲームでもあります。そのため、まずは慣れないうちは低いベットでプレイをして、慣れてきたら数字を上げてみるのがおすすめです。ブラックジャックの紹介はこちらです。

ルーレット:還元率95%程度

「カジノの女王」と呼ばれることもあるルーレット。アメリカンルーレットよりも、ヨーロピアンルーレットのほうが控除率(ハウスエッジ)が低く、還元率が高い設定になっています。ただし、オンラインカジノではライトニング・ルーレットなど、変わり種ルーレットも豊富になっていて、演出も楽しいので、そちらをプレイしてみることもおすすめです!

オンラインカジノの税金と確定申告

オンラインカジノで得た利益は、年間50万円以上になる場合、所得税の申告納税義務が発生します。そのため、利益確定となる出金を行う際、その年の利益が50万円を超えそうな場合は、出金を翌年に持ち越すのもテクニックのひとつとなりそうです。オンラインカジノと税金のページにも、詳細をまとめています。

原則として、BonusFinderでおすすめをしているカジノであれば、どのカジノも日本円を引き出すことが可能です。ただし、本人確認など、法定通貨として引き出すために法律上不可欠な手段が多数存在します。

リアルマネーカジノのよくある質問

☑️ リアルマネーで遊べるカジノとはなんですか?
☑️ オンラインカジノで出金できませんでした。なぜですか?
☑️ クレジットカードで出金はできますか?
☑️ 入金や出金に仮想通貨(ビットコイン)が使えるというのは本当ですか?
☑️ おすすめの電子決済サービスはありますか?