いちばんストレスが溜まるビデオゲームランキング!【マリカー・あつ森】

爽快感を求めるゲーマーのために、あえて「ストレスが溜まるゲーム」を徹底調査!ゲーム好きたちを集めて行った実験で、日本発の「あの有名ゲーム」が、最もストレスフルなゲームとなりました。平均心拍数とピーク時の心拍数から、ランキング形式で紹介します!

author 執筆者: 伊藤めぐみ 公開日:2021/01/13

最もストレス度が高いビデオゲームはどれ?実験してみた

ボスとの戦い、バトル・ロワイヤル、残り体力わずかでの勝負・・・ビデオゲームで遊ぶのは、いつもハラハラしますね。ところで、現在プレイできるゲームの中で、「最もストレス度が高いゲーム」はどんなゲームか、考えたことはありますか?

そんな疑問を解明するために、BonusFinderはゲーム好きの14人のプレイヤーの力を借りて、人気のコンソール、PC、モバイルゲームを含む合計16のゲームをプレイしてもらい、彼らの心拍数を計測。ストレス度を数値化して、検証しました!

以下がその実験結果です。

もっともストレス度が高いゲーム(平均心拍数の増加を基にした場合)

最もストレス度が高いゲームトップ5

最もストレス度が高いゲームトップ5

1位は任天堂の「マリオカート」に!

1セッション(30分間)プレイをした時の平均心拍数増加のデータを見ると、なんと任天堂の『マリオカート8』が、最もストレス度が高いゲームだという結果が出ました!

平均で21BPM(beats per minute=1分間の拍動の数)心拍数が増加しており、グループ全体で見ると32.81%の増加です。軽い散歩に行くのと同様のレベルだと言えます。なんだか健康にいい気がしてきましたね。

2位以下は洋ゲーがランクイン

僅かの差で2位になったのは、サッカーゲームの『FIFA 20』。パスがカットされまくると、本当にイライラしますよね。プレイヤーの心拍数は、平均20BPMの増加を記録しました。通常時より31.25%アップです。

3~5位は『コールオブデューティ4 モダン・ウォーフェア(PS4版)』、『Dark Souls III(ダークソウル)』、『フォートナイト』という結果になりました。6位以降は、僅かな差で『DOOM』、『ストリートファイター』、『バトルフィールド』が続きました。

ストレス度が最も高いゲーム(心拍数ピーク時の数字を比較)

「マリオカートはずっとハラハラするけど、緩急をつけてイライラさせてくるゲームもあるよね?」ということで、BonusFinderでは「瞬間的なストレス度(ピーク時)」が最も高いゲームはどのタイトルなのかも調べてみました。

1セッション(30分)における心拍数の増加率を比較

1セッション(30分)における心拍数の増加率を比較

プレイヤーがゲームの最終ラウンドに達した時や、難易度が高いシチュエーションに移った時の心拍数から、「ピーク心拍数」が大きく増加したゲームのランキングです。

『Dark Souls III』が僅かな差でトップの座に!

『Dark Souls III』で、Darkeater Midirのボスと戦う場面では、プレイヤーの心拍数は最高127BPM(98.44%増)まで達しました。グループ全体の通常時の心拍数は64BPMなので、ボスとの戦いがいかに激しいか、証明してくれる数字ですね。

話題沸騰のインディーズゲーム『Fall Guys』は堂々の2位!

2020年8月にリリースされたばかりの人気インディーゲーム『Fall Guys』は、「風雲!たけし城」や「Total Wipeout」のようなテレビ番組に影響を受けたゲームで、複数プレイヤーと対戦する、オンラインバトル形式で勝ち負けを競います。

参加したプレイヤーが『Fall Guys』でエピソードのファイナルに達した時には、心拍数が最大時で63BPM増えて、通常の2倍になりました。通常時の心拍数より95.31%アップしていることからも、トップの座に輝くにために、プレイヤーがいかに血眼になってプレイしているのかが分かります。遊びたくなってきました!

おまけ:最ものんびり遊べるゲームは?

強敵を倒したり、勝敗を競い合うようなゲームでは、脳は激しい刺激を受けますが、そうじゃないゲームもありますよね。実験の中では、心拍数とストレス度が低下するゲームも見つかりました。

2020年を代表するゲームとなった『あつまれ どうぶつの森』や、『シムピープル(ザ・シムズ)』のプレイヤーたちの平均心拍数は、1セッション(30分)で最大5%下がっていたことが分かりました。勝ち負けを競い合うのも楽しくてやりがいがありますが、1日の最後には穏やかなゲームでリラックスして、ストレスを解消するのもいいですね。

参照:この実験の実施方法

実験結果の資料

実験結果の資料(UK版BonusFinderより)

最低でも週に15時間ビデオゲームをプレイしている人、対象のゲームを熟知しているプレーヤー14人を選び、彼らにプレイをしてもらいました。全員に心拍計を装着し、ゲーム開始前に通常時の心拍数を測ったうえで、10秒間隔でプレイ中の心拍数を記録していきました。

極端に異なった数字による差が出ないように、データは平均化されています。最大心拍数は、14人のプレイヤーのそれぞれの最高心拍数を測り、平均化しています。